2020/5/18 禁止改定(ブロール、レガシー、ヴィンテージ)

〔ブロール〕

ドラニスの判事/軍団のまとめ役、ウィノータ禁止

〔レガシー〕

夢の巣のルールス、黎明起こし、ザーダ禁止

〔ヴィンテージ〕

夢の巣のルールス禁止

どのフォーマットも手を出していないので感想程度ですが

ブロールは正直わからんのでパス

レガシーもヴィンテージも時々記事を見る程度だけど、ルールスは仕方ないかね

ヴィンテージの大会のデッキリストやアーキタイプを見てるとTOP8のうち6~7個相棒ルールスだったりするし(残りも相棒はいたりする)

モダン、パイオニア、スタンダードはどうなるかわからんけど。今のところはそこまで偏りはひどくないというWtoCの判断の模様。アリーナスタンダードだとルールスやヨーリオン、たまにウモーリとあたる。

ただ相棒というメカニズムそのものへの疑問もちらほら目にする。ここは次回、スタンダードの禁止改定のときに注目か。(相棒というシステム自身にメスは入るのか?)

辛いのは相棒よりも工作員かな?早ければ5~6ターン目に出てくるし、そうでなくても普通に土地が置ければ7マナまで到達するのはそれほど難しくないだろうし。

工作員対策だと・・・白はケイラメトラで呪禁つけても関係なく取られる?あとは中和などの打ち消し系程度か・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です