カルドハイム:カードプレビュー(アーティファクト・土地・両面カード)

〔アーティファクト〕

・巨大な鋤
鋤に襲われるとはどんなホラーだw搭乗6が重いが巨大雄牛を乗せてねということだろう。攻撃で(白)(白)(白)を加えられるのは悪くない。

・星界の霊薬
どうあってもアドバンテージを得られるのは強いはず。

・金脈のつるはし
宝物トークンを得られるという事で赤メインのデッキに入れるのがいいか。黄金架のドラゴンにつけると1ターンで複数宝物を生成することができる。

・仮面林の結節点
テキストの最初の文がどこかの政治家の言い回しと似てるwいろいろできそうではあるが実際のところはどうか。

・風化したルーン石
ウーロ、クロクサ対策にはなる。それ以外に活躍する場面があるかがポイントになりそう。サイドに1~2枚いれておくのがちょうどいいか。

〔土地〕

・タップイン氷雪土地10種
個人的には「氷雪」というのは初めて経験する。氷雪によるマナだとアドバンテージが得られるカードもあるのでしばらく使っていくことになりそう。

・世界樹
レア?神話レアでもいいような気もするのだが。

〔両面カード〕

・戦闘の神、ハルヴァール/領界の剣
コストなしで装備品やオーラを付け替えられるのは優秀。

・傑士の神、レーデイン/守護者の盾、ヴァルクミラ
白で打ち消し能力があるのは大きいか。1マナといえどその1マナが分かれ目になることも。

・星界の神、アールンド/囁く鴉、ハーカ
ハーカで出して攻撃→手札に戻す→アールンドで再び出す、の使い方が基本か。アールンドで出すまでにどれだけ予顕カードを出せるか?

・嘘の神、ヴァルキー/星界の騙し屋、ティボルト
ヴァルキーはクリーチャー主体のデッキには天敵か。ティボルトは7マナと重いPWだがティボルトで追放した相手のクリーチャーも唱えられるのは強い。

・両面土地4種
ZNRと合わせてこれで両面土地10種が出そろった。しばらく氷雪を使わないデッキや氷雪以外の土地で使われるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です