フォーゴトン・レルム探訪:カードプレビュー(黒・赤)

〔黒〕

・アーチリッチ、アサーラック
「『魂を喰らう墓』踏破」と「3マナ5/5+攻撃時条件つき2/2生成」が釣り合うと判断するかは賛否ありそう。基本的にはダンジョンデッキ専用か。

・悪意のビホルダー
目からビームが出まくったら大変だ(違)
ETBで全クリーチャー威迫持ちになるのはタイミングが合えば一撃必殺になるか?

・不浄なる暗黒の書
白の書物と対応しているのだろうがこちらはだいぶ白の書物と比べると見劣りする・・・

・罠を探す
捨てさせるカードの種類で相手にダメージを与えられるのは強いか。

・デモゴルゴンの手中
相手の手札の枚数が少ないときに撃つと致命傷になることもあるか。盤面に直接の影響を与えないのがなんともといったところ。

・ドラコリッチ、エボンデス
相手ターンのときにチャンプブロックして墓地から瞬速で唱えるというのが強い使い方か。とはいえそういう状況はそれほど出てこない気が。

・ビホルダーの眼
イラストはどう考えてもバッドエンドだが・・・
基本は大型クリーチャーを仕留める専用か。

・フェイン・デス
普通の除去に対してなら強くして戻すことができる。キーカードを残すために枠があれば採用するのもあり?

・偽りのパラディン
マナ能力が強そう。人間・騎士のタイプでもあるのでパイオニアやモダンで活躍の場があるかも?

・ハダルの伝令
リミテッドで活躍の場があるか。6マナで2点ダメージと考えれば。

・蜘蛛の女王、ロルス
奥義が発動できれば戦闘ダメージ8点保証か。しかし忠誠度を上げるには味方クリーチャーが死亡しなくてはいけないので構築では工夫の必要が。

・レイ・オヴ・エンフィーブルメント
白なら1マナで-4/-4できるのでカバーできる範囲はそこそこ広そう。

・死神のタリスマン
1マナでこれは使ってみたくなる。装備も2マナでできるのでゴルガリでどうか。

・ウォーバル・ソード
8マナ(黒黒黒5)で文字通り一撃必殺になるのだがそれが通ることはまれだろう。実際は接死をつけてのアタックが主な使い方になるはず。

・西門の主
飛行持ちというのが厄介。リミテッドならボムか。構築でも採用されそう。

〔赤〕

・武器庫の古参
黒の接死つき装備品をつけると対応するのに苦労しそう。

・バーニング・ハンズ
緑のみとはいえ2マナで6点ダメージは大きい。

・暴走魔導士、デリーナ
ダイスデッキでも作りますか?

・ホブゴブリンの山賊の頭
ゴブリンのロード。赤単ゴブリンができるか。

・星山脈の業火
赤14マナがあれば一撃で20点ダメージだがたいていはその前に決着がついているか。打ち消し不可は強い。

・マジック・ミサイル
打ち消されない直接火力はそれだけでも強いのでは。

・オーブ・オヴ・ドラゴンカインド
このセットはどの色にもドラゴンがいるので多色でドラゴンデッキを組む際には必須か。

・忠誠の代価
トランプルつきか攻撃時能力のついたクリーチャーを取りたい。

・願い
赤でこれはいろいろ悪さができそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です