イニストラード:真夜中の狩り カードプレビュー(白・青)

緊急事態宣言がいつものように延びたので結局プレリリースイベントも中止になってしまいましたね(知ってた)
フルスポも出たので気になるカードをみていきましょう

〔白〕

・輝かしい聖戦士、エーデリン
「攻撃するたび」とあるのでエーデリンが攻撃する必要がないのはいい。生成されるのが1/1なので毎度チャンプアタックみたいな感じになってしまうが生き残ると後々厄介なことになるかも。

・祝福された反抗
フレーバーテキストのように相打ちを狙っていくのか強い使い方か。1マナで絆魂がついて死亡すると1/1トークンまで出るのでリミテッドで出番がありそう。

・仮初めの時間
白によくある「戦場に離れるまで追放」カード。スタンダードでは払拭の光(THB)に代わる追放カードになる。

・蝋燭罠
1マナで一時的に足止めするのは優秀。ただ集会の条件を達成するまでいくか?条件つき4マナ追放除去と考えると活かしどころはあるかも?

・聖戦士の奇襲兵
雑にアーティファクトやエンチャントを破壊できる。残っていれば2マナ3/1でスタッツも優秀。構築ならサイドにいれておくのはありか。

・聖戦士の招集
イラストで騎士が乗っているのは白鳥???
それはともかく、自分のターンでブロッカーが毎回出てくるのは相手からしたら面倒なことこの上ない。使われると厄介なカード。

・静寂の呪い
プレイヤーに「呪い」をつけるエンチャントサイクルの1つ。1マナで一時的にキーカードにコストをつけるのは優秀。

・運命的不在
これって黒の除去じゃないの?というくらい優秀な単体除去。白を使うならとりあえず入れるのを検討していい1枚。

・ほとばしる信仰
人間なら破壊不能までつく。真夜中の狩りでは白のクリーチャーは人間が多いのでリミテッドで活躍できそう。

・ガヴォニーの黎明護衛
今回新しく入るメカニズム「昼/夜」を上手に生かしたい。さらっと書いてある護法1が決め手になることも?

・ガヴォニーの罠師
1マナのタッパー。攻撃できないのはちょっと厳しいか。

・農家の勇気
この農家は強い。何体もの魔物を収穫祭のハムの材料にしてきたのだろう(違)

・剛胆な敵対者
自分も武勇カウンターによってP/Tが上がるのは強い。序盤に出すよりは中盤以降に出して全体強化に使うのが強い使い方か。マナフラッド受けにもなる。何気に絆魂もついている。

・オドリックの先導
自分が死亡してもカウンターを乗せられるのとカウンターの乗せ先を自由に決められるのは強い。

・シガルダの輝き
ダメージを受けなければ毎ターン1枚余計にドローできる。しかし一旦下回ってしまうとただの置物になってしまうので使い方が難しい。

・シガルダ教の救済者
天使デッキに入れて序盤に落とされた若年の戦乙女などを再び戦場にだしたりするのがいいか?2マナ以下という条件がなかなか厳しい。

・日金の歩哨
2マナ3/2というスタッツが優秀。集会もこれが場に残っていれば達成も少しはしやすいかも。

・黄昏の享楽
3つの条件を全て達成したら強いがそのような状況はゲーム自体かなり厳しい状況なのでは?お互いライフを削りあっている状況なら決め手になることもある?

・スレイベンの除霊
ケイヤのドヤ顔w。それはともかく範囲は限定されているが2マナで追放除去できるのは強い。パイオニアのスピリットではガッツリ刺さる。構築ではサイドに入れるのがいいか。

・大群退治
コントロール系に必須の全体除去。4体いて4マナで唱えるのが現実的な使い方か。

〔青〕

・材料収集家
フレーバーテキストを見るにイニストラードでも格差問題は深刻な模様(違)

・考慮
選択に代わる1マナ1ドロー。今回はフラッシュバック能力を持つカードが多いため墓地におけるというのはアドバンテージになることが多い。新たな青の1マナ定番になるか?

・監視の呪い
どう見てもミギ―だろこれ(違)
効果を見るに構築というよりはEDH用?

・悪賢い隠蔽
4マナは打ち消しだとコストが重いが墓地から4枚ライブラリーに戻せるのをどう見るか。

・雲散霧消
追放打ち消しなのでフラッシュバックを持つ呪文を狙っていきたい。

・溺墓の融合体
3マナでアンブロッカブルを持つのでリミテッドでは採用されるか。タフも6あるので壁役にもなれる。

・回路切り替え
打ち消しができなくても2/2腐乱ゾンビは出せるので最低限の仕事はするか。

・移植された自我
コントロール奪取は壊れになることが多いのだがこれはどうか?トークンをいけにえにできれば強いが青黒にすればそれは容易にできるか。

・溺神の信奉者、リーア
全てのインスタントやソーサリーが2回唱えられると考えるとかなり強いと思えるのだが?

・墓地への幽閉
自分の墓地に5枚以上というのは構築ではそれほど難しくないか。

・ネベルガストの侵入者
とりあえずスピリットに入るかは検討。

・上流階級の霊
下環境だとスピリットのロード12枚体制?!とりあえずパイオニアやモダンのスピリットに入るか。

・ヘドロの怪物
5マナと重いし除去耐性もないが生き残りさえすれば攻撃するだけで相手のクリーチャーをスライムにできるのは悪くない。目印としてはやはりスライムを置きますか(違)

・幽体の敵対者
このサイクルのカードの中ではちょっと弱い方か。ただ相手のクリーチャーをフェイズアウトさせるので終盤の詰めの段階で使うと決め手になるかも。

・十三嗜好症
そりゃ手だけ空中を動いていたらえらい驚く。ドローソースを多く入れて手札が多くなるように動けるか。

・またたかぬ観察者
この世界の目玉おやじは労働者やら研究者やらで忙しいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です