イニストラード:深紅の契り カードプレビュー(青)

・錬金術師の挽回
切除でも(青)(1)なので使いやすい。構築でも入るかも?

・墓所の照光者
スピリットというのがポイントか。パイオニアのスピリットに入れてもいいし
スピリットに限らず部族デッキに入れても活躍できそう。

・継ぎ接ぎの槍馬
追加コスト(墓地のクリーチャー1枚追放)はこのスペックならば気にならないレベルか。墓地に行っても(青)(3)+追放でドローできるし使いどころの多い1枚。

・飲み込む潮
トークン系デッキには刺さる。一方でコントロール系は何もできないか。環境によって活躍できるかが左右されそうな1枚。

・戦慄光の大怪物
リミテッドで有用なアンブロ持ち。ただし今回は追放領域にカードがなければ起動できない条件付き。追放したと思ったらこれが出てきて・・・という展開もありそう。

・夢鎖の霊
モードが2つあって選べるのが強い。スピリットでもあるのでスピリットのデッキにまずは入れてみるか?

・霊灯の罠
両方の条件(スピリット、エンチャント)を満たしていれば1マナでの打ち消しに。色拘束も厳しくないので入るデッキはあるはず。

・先見的な縫い師、ゲラルフ
青黒ゾンビを組むなら中心になるクリーチャー。(青)+タップ+1体生け贄でゾンビ生成。タフネスを参照するのだが、そういえばタフが17とかいうカニがいるような?

・船砕きの怪物
生き残れば勝ちレベルに思えるが打ち消されないという厄介なクリーチャー。7マナと重いのだがコントロール系デッキなら出せるか。

・触発された考え
切除コストで使うのがメインか。記憶の氾濫(MID)がない場合はこちらか。

・二重屍
滅びし者の勇者との組み合わせは良さそう。ゾンビであれば何でもいいので下のフォーマットの部族デッキでも活躍できるか。

・過充電縫合体
4マナではあるがクリーチャー1体生け贄で打ち消しができる。対象が呪文だけでなく起動型、誘発型能力まで幅広いのは使いやすいか。

・散らかった思考
降霊やフラッシュバックを多く採用するならありか。

・うねる待ち伏せ
リミテッドなら実質コンバットトリックになる?チャンプブロックと見せかけて・・・というのが主な使い方か。

・中略
大型の呪文に対してはX=1でも効果がある。降霊持ちのクリーチャーやフラッシュバック持ちの呪文を狙って打ち消したい。

・精髄の吸引
血を生成する(?)ので青黒で採用するのが強いか。生成した血トークンでいろいろできるはず。

・発見への渇望
スタンダード、パイオニアならほぼ2ドローか。ルーターの役割もこなせる。

・洗い落とし
予顕したカードなら(青)のみで打ち消しができる。現状ならアールンドの天啓(KHM)がターゲットになるか。

・囁く魔術師
セッジムーアの魔女と組み合わせてトークンをたくさん生成できる。トークンを生かしたデッキを作りたい。

・有翼の先触れ
切除コストに緑が入っているのが若干厳しいか。切除コストを考えなければ飛行持ちをある程度そろえて2~3ドローはしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です